内祝いの種類

内祝いといってもたくさん種類があります。様々なシチュエーションで内祝いを贈ることを覚えておくと、忘れずに対応できるでしょう。ここからは、内祝いの種類について詳しく解説します。内祝いを贈るタイミングが分からない方はぜひ参考にしてください。

結婚した際に贈る結婚内祝い

結婚内祝いは、いただいたお祝いの金額によって決まります。通常はご祝儀の半返しとなり、高額のご祝儀や目上の人からのご祝儀の場合は三分の一返しとなります。半返しや三分の一返しに相当する結婚内祝いを選ば…

生まれてきた赤ちゃんの名で贈る出産内祝い

内祝いの種類は様々ですが、中でも赤ちゃんが生まれた際、親しい人などへ贈り物をするのが出産内祝いです。出産内祝いで定番といえばお菓子ですよね。洋菓子や和菓子など、幅広い世代に合わせて選ぶことが出来ま…

新しい家を建てたときに贈る新築内祝い

友人への新築祝いの相場は、5000円~1万円です。お祝いの気持ちを込めて高価な贈り物をしたいと思っても、相場を超えると相手が恐縮してしまいます。必ず相場の金額で抑えるようにしましょう。お菓子やスイ…

内祝いの相場と正しいマナー

内祝いを贈る際にどのくらいの金額の品物を送れば良いか、どのようなマナーがあるのか分からないという方が多いのではないでしょうか。ここからは、内祝いの相場や正しいマナーについて紹介します。相場金額やマナーをきちんと把握しておけば、内祝い選びで困ることはないでしょう。

内祝いの相場はいくら?

内祝いの相場は、お祝いにいただいた金額の1/2~1/3ほどです。これがいわゆる「半返し」というもの。例えばいただいたお祝いが30,000円であれば、内祝いの予算は10,000~15,000円が目安…

それぞれのお祝いに合わせた熨斗の選び方

家族にお祝い事があったとき、幸福のお裾分けとして贈るのが内祝いですが、結婚の場合、結婚式に招待しなかった、披露宴に欠席した人からお祝いをもらったときに内祝いを用意します。結婚式に出席した人には引き…

内祝いのおすすめアイテム

内祝いで人気のアイテム

子供を出産した際に、親戚や友人などからお祝いの品物を贈られた経験がある人は多いのではないでしょうか?出産祝いをもらえることは嬉しいですが、内祝いとして何をお返しすれば良いのか迷う人も少なくありません。出産内祝いの種類は色々とありますが、実用性で選ぶならば高級タオルや洗剤、ハンカチなどがおすすめですよ。普段購入しないような高品質なアイテムは、誰かから贈られるとすごく嬉しいですよね。また、食べるのが好きという方にはデパ地下や高級ホテルのスイーツを贈るといいでしょう。見映えが良い高めのスイーツならば、相手を驚かせることができますよ。焼き菓子ならば賞味期限が長くて日持ちがするため、内祝いにうってつけです。

内祝いで気をつけたいこと

出産内祝いを贈る際には、相手をガッカリさせないための注意点があります。まず、赤ちゃんの写真や名前入りのギフトは職場の同僚や上司、友人には贈らない方がいいですよ。写真や名前入りのギフトは思い出になることから、出産内祝いとして非常に人気があります。ただ同僚や上司などに贈ってしまうと、相手を困らせてしまう可能性が高いです。もしも名前入りのギフトを贈りたいのであれば、名入れのクッキーやカステラなど消え物を選ぶといいでしょう。また、食品を内祝いに贈る場合、賞味期限に注意を払うことが大事ですよ。郵送で贈る場合、相手が留守にしていてすぐに受け取ってくれないケースもあり得るからです。したがって、賞味期限が2週間以上の食品を選ぶといいでしょう。

元々内祝いとは身内でおめでたいことがあったときに、お祝いの品を贈り喜びを分かち合うことです。しかし現代では意味が少し異なり、知り合いからもらったお祝いに対して「お返し」するという意味で内祝いを贈ります。ここでは、内祝いの種類や相場などについて解説します。